カードローン借り換えお役立ちリンク

死亡保険金と借入相殺

生命保険に加入すると、支払い期間は長期間継続されます。長期間の間に資金が必要になる時も考えられますので、保険会社側から資金融資を受ける事が出来る、契約者貸付制度を利用することが出来ます。
これは、積立型の保険商品限定で借り入れする事が出来、解約払戻金の範囲内の融資を受ける事が出来ます。契約者貸付制度は、いつでも返済をする事が出来ますが、利息が発生します。
仮に完済しない間に契約者が死亡した場合には、死亡保険が下りる予定の金額から、残債が差し引かれ、支払われます。その為、死亡保険金と借入相殺が発生し、受取る予定の金額は受取る事ができません。
また、返済が滞っていた分の利息も差し引かれる事になりますので、後々の保証を考えるのであれば、早めの返済を行っていた方がよいと考えられます。
借り入れにあたる金利は低金利であるとはいえますが、返済が延びれば延びるほど、低金利でもそれなりの金額となりますので注意が必要です。
しかし、経済的に返済が困難である場合には死亡保険金と借入相殺を利用することも一つの方法であります。結果として完済出来る事になりますし、保証も受取れますので便利と言えば便利な貸付制度でもあるのです。
掛け捨てでは契約者貸付制度を利用できませんので、将来的に貸し付き希望するかもしれない場合は積み立て型に加入するのが望ましいでしょう。

おすすめリンク

銀行借り換えローン審査!おまとめメリットは?【審査通りやすい】
銀行借り換えの専門サイト。銀行の借り換えにはいくつかメリットがあります。毎月の返済についてお悩みの方に有力な解決策となっていますが、だれでもお得というわけにはいきません。実際の借り入れ例から成功の秘訣を勉強していきましょう。

Copyright (C) カードローン借り換えお役立ちリンク All Rights Reserved